噛み合わせ治療、新神戸歯科|藤井佳朗 — 歯科における全身治療の作用機序解明に向けて

院長藤井佳朗

院長紹介
藤井佳朗日本医用歯科機器学会理事
噛み合わせと全身との関連
を考える会顧問
日本歯科東洋医学会
日本歯科保存学会など、
参加学会多数。
■著書■歯科からの逆襲
咬合のマジック など

歯科からの逆襲

学会発表

過去の学会発表をご紹介します。

歯科における全身治療の作用機序解明に向けて

【目的】
近年、咬合と全身との関わりが注目され、腰痛、肩凝りなど不定愁訴を中心に、歯科領域からの治療報告が増加している。全身咬合とも呼ばれるこの領域を学問 的に整理し、体系づける必要があるが、実際どのような現象が見られるのか、症例を出し合って、事実を積み重ねている段階である。しかしながら、次の段階と して、その作用機序の解明を進めなくてはならない。今回、演者は、自らの臨床治験例を報告するとともに、歯科における全身治療の作用機序を推察しようと思 う。

 

【方法】
およそこの2年間に、演者が、一般開業医および老人病院で経験した、歯科における全身へのアプローチの結果を整理し、その作用機序の推察を行った。

 

【結果と結論】
咬合改変により、即座に現れることがある現象に、全身姿勢や身体動揺の変化がある。これは、平衡感覚に関連する現象であり、顎関節に隣接する内耳への影響 ではないかと推察している。背中の曲がりは万病のもとといわれるが、姿勢制御により治療可能疾患は、かなりの数になると思われる。作用機序解明には主に生 理学の力を借りる必要があると思われる。次の脳血流の改善が推察できる現象も多い。咬合改変後の顔色の変化、脳梗塞後の半身麻痺の改善、痴呆の改善例など がその根拠だが、サーモグラフィイ、脳シンチグラムやPETを使用して、脳内変化を調べる必要がある。また、現在原因不明といわれる疾患が歯科治療によっ て、少なくとも見かけは改善することがある。原因不明のため、作用機序解明も困難だが、咬合が関与していることから、逆に追及できるかもしれない。いずれ の場合も、基礎、臨床両医学、医科歯科両医学の協力のもの解明を進める必要があると思われる。

 

 

1994年12月3日
第45回 愛知学院大学歯学会
会場:愛知学院大学歯学部基礎教育研究棟
吉川病院 歯科部 藤井 佳朗


ページトップ